車買取

ディーラーの下取りと一括査定について

出典:イラストAC

こんにちは!元ディーラーのノリです。

車を売る時、一括査定に出した方がお得だっていうのをよく見かけると思います。

しかし、何故下取りよりも買取の方が高くなるのか、その辺を詳しく解説します。

下取りと一括買取の目的の違い

まず、簡単に言ってしまうと、下取りは車を買取ることがメインの仕事ではなく、車を新しく買ってもらう事がメインの仕事になります。

対して、一括査定は、車を売ることがメインの仕事であり、車を新しく買うかどうかは関係がありません。

買おうが買うまいが車を売ってくれさえすれば良いのです。

ディーラーの仕事は査定ではなく販売なので、車の査定に関しては一括査定に比べるとプロではありません。

なので、買取はマニュアルに沿ってしか行わないのです。

対して一括査定は、車の査定に関してはプロです。

買取った車は別の人に売ることになります。

なので、ある程度高額の査定額を出しても、売ることができます。

それから、下取りの場合は、社外品のパーツを使っている場合はプラス査定ができなかったり、人気の車種であったり、アピールするべきポイントがあったとしてもプラス査定になりにくいです。

しかし、一括査定であれば、装備品が付いている場合はプラス査定になったりします。

また、査定の基準が下取りに比べると細かいのでアピール次第ではプラス査定になります。