車買取

売ることができる車と売ることができない車とは?

出典:イラストAC

こんにちは!元ディーラーのノリです。

乗らなくなった車は、保有し続けるとそれだけでコストがかかります。ですので、できるだけ早い段階で売りたいのは当然のことだと思います。

しかし、いざ売ろうとしても、車検が切れてしまっていたり、事故を起こして破損していたりすると、はたして売ることができる状態の車なのか不安になってしまう人は多いのではないでしょうか。

そこで、どんな車でも買取をしてもらうことは可能なのか、その疑問に答えていこうと思います。

買取してもらうことが可能な車は?

買取してもらうことができない車というのは、実はそう多くありません。ほとんどの車が買取りしてもらうことが可能です。

一番疑問に思うのは、事故を起こしてしまい、車体が破損してしまっている車だと思いますが、実は買取をしてもらえることが多いです。

事故車ですが、一般的な買取業者では買取してもらうことができない場合が多いですが、事故車を専門に買取してくれる業者があります。

事故車専門の買取業者であれば査定額が0円であっても、レッカー代などの移動費をかけずに車を引き取ってもらうことが可能なのです。

次に、不動車の場合は買取してもらうことができるかどうかですが、そもそも不動車には動かなくなった車と動かせなくなった車の2種類あります。しかし、どちらであっても買取をしてもらうことは可能です。

故障や劣化してしまって動かなくなった車でも、修理に出して直せるレベルであれば高額査定が期待できます。動かせなくなった車の場合は、単純に車検が切れてしまって公道を走れなくなってしまっただけの場合がほとんどですので、これも問題なく買取してもらえます。

なお、売る際には車検の更新をする必要はありません。ただし、公道を走ることができない車を自身で持ち込む場合は、仮ナンバーを取得して業者に持っていく必要があります。その点では、ネットの車買取一括査定を利用すれば業者に引き取ってもらうことができるので、レッカー代もかからずスムーズに売ることができます。

買取してもらうことができない車は?

ほとんどの車は条件さえ揃っていれば売ることができます。しかし、中には買取してもらうことができない車もありますので確認していきましょう。

まず、買取ができない車の特徴で多いのは、必要な書類がそろってないことです。

車を売るためには車検証、印鑑登録証明書、実印、自賠責保険書、自動車納税証明書、リサイクル券が必要になります。仮に引越しをしているのであれば、新しい住所が載っている住民票の写しなどが必要になります。

これらの必要書類が一つでも不備があると買取をしてもらうことはできません。書類の不備が原因で買取を断られてしまった場合は車の状態は関係ないので、新車であっても買取してもらうことができないので注意してください。

次に、あまりないかと思いますが、車の鍵をなくしてしまった場合も買取することができません。

理由は簡単で、エンジンがかけられないためです。査定士が車の査定をする際には、必ずエンジンをかけて状態を確かめます。しかし、鍵がないと当然ながらエンジンをかけることができないので、査定ができず買取をしてもらうことができません。

仮に車がどこかしら故障してしまっていたとしても、鍵さえあれば修理してエンジンがかかるなら問題なく買取してもらうことができます。スペアキーだけが手元にある状態であれば売ることができる場合もありますが、買取業者によって対応は変わってきますので必ず確認しておくようにしましょう。

買取業者業者がどこにあるかわからない場合

買取してもらうことができる車とできない車はわかったけど、群馬で車を売ることができる買取業者がどこにあるのかわからないって人は意外と多いと思います。

そんな人の為に、群馬の優良な車買取業者はここだ!、というサイトを紹介します。

このサイトは、群馬で車の買取を行っている業者の情報が全て載っていて、特におすすめできる買取業者はランキングで紹介されています。

車の買取に関する情報もたくさん載っているので、是非一度確認してみてください。きっと役に立つと思いますよ。